私の避妊失敗体験談

私の避妊失敗体験談

私の中出し体験談

私が初めて妊娠したのは19歳の大学生の時でした。

大学入学してすぐの時から付き合っている1つ年上の彼氏と初めてのドライブデートでした。

お昼に私の事を車で迎えに来てくれて、そのままお洒落なカフェに連れて行ってくれてお昼ごはんを食べてから次の場所に移動しました。

移動先は静岡県で、ちょうどクリスマスシーズンということもあり、イルミネーションを見に行こうということでまったり、車で向かうことになり、途中買い物などをしてから、イルミネーションをみて、帰宅することに。

車で帰宅していると彼が『ホテル予約してるから、そっちに向かうね』と言われ、私とのデートでいろいろと計画を立ててくれていることに嬉しかったです。

ホテルにいくとお洒落な内装で、テンションが上がっていると、いきなり彼に押し倒されてエッチをすることになりました。

いつものようにキスを10分近くし続けてから、私の体を刺激してきて、私が指でイカされてから、今度は私が口で彼を気持ちよくしてあげます。

口で長い事していると彼はすぐにイってしまうので、ある程度したら入れてもらいました。

挿入する時にコンドームをつけてくれてから、本番開始。

暫くして彼がイク瞬間に『パン!』という小さな破裂音がお腹のあたりから聞こえました。

私も彼も『なんの音だろ?』と思いながらも余韻に浸っていました。

少し時間が経ってから、挿入をやめて裸で抱き合っていました。

そうすると彼が「ん?」と言いながら私の股に手を伸ばしてきました。

二回戦目をするのかな?と思いながら体を彼に預けようとした瞬間に「え!?」と彼がいきなり布団をどけ、部屋を明るくしていました。

部屋が明るくなり、何事かと思い彼が見ている先をみるとコンドーム。

そのコンドームの先端は破けており、私はその瞬間に事態を理解しました。

彼はどうしよう。と焦っていましたが、当時の私は『たぶん1回くらいの中出しでは妊娠しないでしょ』と安易な考えで、過ごしてしまいました。

そのまま暫くして、身体のだるさを感じはじめた段階で、不安になり病院に行き結果を聞いてみると、妊娠していました。

放置せずに、ちゃんと病院にいっていれば、薬を処方してもらい、妊娠を回避できたかもしれない。と病院でいわれました。

事態がが大きくなってしまい、私自身で解決できなくなってしまい、家族に相談したんですが、凄く怒られましたね。

また彼にも話をしたのですが、お互いに学生という身分で、両親からも大学を卒業するように言われ、中絶することになりました。

私の軽率な行動をとっていなければ、こんなことにはならなかったと思います。

それだけ私が彼や彼の両親、私の両親、私の中にいる子供に迷惑をかけているのかを感じました。

妊娠回避方法であるピルカテゴリの最新記事